準決9Rは竹元太志(23=福岡)が3番手から豪快にまくって、4場所ぶりに決勝進出を果たした。

「11秒3? いい展開になりました。ラインできっちり決めることができたのも良かった」と満面の笑みでレースを振り返った。九州3人がそろった決勝は、今岡徹二の番手が転がり込んできた。「小倉は初優勝(A級1、2班)の思い出の地。まさかですが、十分チャンスはあると思うので、自分の仕事をしながら頑張ります」。久々の美酒が狙える状況に目の輝きが増していた。