3Rは菱田浩二(30=京都)が悠々と逃げ切った。

正攻法から最終ホーム手前まで誘導が残ったままで、先行1車の利を最大限に生かす勝利。「とにかくスタートを取ることに集中しました。何とか1着を取れて良かった」と、ホッとした表情だった。

今開催は京都府借り上げのミッドナイト競輪。2Rの中川繁樹に続き“地元勢”の連続勝利となった。