一般1Rで単騎の梶山大輔(45=神奈川)が2車単6万円台、3連単25万円超えの大波乱を演出した。

レースは埼京勢を追走。最終3角でまくった中尾翔にスイッチすると、ゴール寸前で差し切った。南関の選手から「2車単で6万」と声を掛けられると「ホームランどころじゃないです。最後は目をつぶってました(笑い)。電光掲示板を見たら6が1着でよかった」と、終始笑顔でクールダウンに向かった。