ガールズ予2・2Rの佐藤亜貴子(38=神奈川)は、初周で佐藤水菜の後ろが取れて「最後まで付いていこう」と腹をくくった。

佐藤水菜の踏み出しに付け切れず、第2先行の形になったが、それでも何とか2着に粘り込んだ。

「分かっていても、一瞬でぶっちぎられた。前回の太田りゆ、今回のサトミナ(佐藤水菜)と、ナショナル(チーム)の後ろを回ったことはいい経験になりましたね」。

レース後は疲労困憊(こんぱい)だったが、大きな収穫を手にしていた。