オープニングレースは大竹野裕樹(39=鹿児島)が制した。

打鐘4角から一気にカマし、後続を突き放して番手の松尾正人とワンツーを決めた。「きつかった。あのタイミングで行こうかな、と。伊加(哲也)さんも踏まないだろうな、と思ったし」と、してやったりの表情だった。

もう1つ、気合の入る理由があった。「今回、明珍(裕子)さんがMCデビューだったし、1着で良かった」。元ガールズレーサーの明珍さんは、鹿児島の鹿屋高出身。今回参加している前田義和の後輩でもあり、面識があったようだ。「明珍さんに1着インタビューされました。MCも上手ですね」とニッコリ。

「少しセッティングをいじって、全体的に軽く感じた」と感触は上々。準決も期待できそうだ。