復帰3戦目の吉原友彦(43=神奈川)が徐々にレース勘を取り戻してきた。

アキレス腱(けん)の断裂で昨夏から1年4カ月もの長期欠場を強いられた。「まだレースになると恐怖心がある。この2場所で2回は自力で動いたけど、まだ自分の体じゃないみたいですね」。納得のいく出来ではないが、持ち前のレースセンスで、成績をまとめている。

来期はチャレンジ降格が決定。「来期のことを考えても、自力で調子を戻していきたい。中団よりも前で勝負します」と、予選5Rの自力勝負に意欲を見せた。