ガールズ予1・1Rは吉岡詩織(28=広島)が、最終ホームから一気にスパートして押し切った。

レースは中村美那の前受けに加藤舞、黒沢夢姫が続く展開。吉岡は4番手の位置から仕掛けて逃げ切った。「寒い上に風が強くて、本当に重かった。差されるかと思って踏んでいた」。苦しかったという走りを振り返ったが、レースそのものは横綱相撲ともいえる内容。栄養補給となるバナナをほお張りながら、ガールズ仲間と録画テレビをチェックしていた。