2班特昇初戦を迎えた真鍋顕汰(28=三重)が、A級予選7Rを順当勝ちした。

「緊張したけど、行けるタイミングで行こうと思った」と、打鐘4角から一気のスパートを決めた。番手の福田真平が続いて人気サイドの決着に「後ろの人が離れないから(1、2班戦は)仕掛けやすいですね。ただ、最後はたれた(失速した)分、70点」と辛めの評価。鈴木幸紀とタッグを組む準決7Rを前に「3連勝できるように」と意気込んだ。