チャレンジ一般2Rは位置を決めずに単騎で戦った山下茂樹(55=大阪)が、うまく展開を突いて2着に入った。

先行1車の田代匠後位は、初手から秋永共之と長沢和光で競り。バック手前で長沢が落車して「一瞬、吸い込まれそうで怖かった」と振り返る山下だが、何とか避けると柴田昌樹に踏み勝った。

今期は初戦の名古屋で決勝に進出。続く小松島の初日は昼田達哉の番手に追い上げるなど、気持ちの入ったレースを見せている。「なるようにしかならんから」と言いながらも、代謝の危機を逃れようと必死の戦いを続けている。