チャレンジ予選2Rは5番手となった新人の佐々木祐太(23=岩手)が、鐘4角から一気にスパートして逃げ切った。「前受けから突っ張る予定だったんですが、細田(純平)さんの勢いが良くて…」。赤板で細田、そして、その上を単騎で飛び出した岡嶋登の動きを読み切れなかった悔しさをにじませた。

「それでも冷静に走れたことは良かった。前回よりも少し重い感じはするけど、特には問題はない。明日(準決)も落ち着いて頑張ります」。佐々木は3場所連続の決勝進出に意欲を見せた。