先行でなかなか結果が出なかった123期の平野想真(24=愛知)が、前回の松阪は自在に立ち回って初の決勝入りを果たした。「その前の岸和田でバック本数を増やしたし、松阪は着にこだわりました。準決は同期の小柳(智徳)さんの番手に飛び付いたんです、これからはメンバーに応じて何でもできるようになりたい」。勝ち上がることの喜びを知って、練習へのモチベーションが上がった。

初めて走った決勝は高揚感があった。「楽しかったですね。今回も乗りたいです」。予選2Rは3分戦。先行を基本に、流れ次第では何でもやる。