今シリーズは、梶山大輔(49=神奈川)が、地元からただ1人の参加となった。「一緒に参加した選手が途中で帰って1人になったことはあるけど、最初から1人は、選手人生で記憶にないですね」。こんなケースは極めて珍しい。

平塚で開催指導員を務める梶山は、ホームの平塚を走れない。「だから川崎や小田原で走る機会が貴重。今回もここに向けてしっかり準備しました」と気合が入る。

予選6Rは立花昌也の番手を主張した。何が何でもこの位置を死守して、準決へ勝ち上がる。