予選1Rは久保光司(26=佐賀)と鈴木康平の猛烈な先陣争いで始まった。久保は踏み勝ったが、最後は力尽きて3着となった。それでも、準決権利は手に入れた。「突っ張るそぶりを見せたら引くかなと思ったが、向こうもやる気満々だったので、本気モードで突っ張った」と振り返った。

レース後、久保マークから外を踏んで伸びた藤野貴章から「まだまだ下手やな」と言われ苦笑いだった。