予選4Rは、打鐘ですんなり先頭に立った坂田康季(25=佐賀)がうまくペースに持ち込んだ。

「日野(博幸)さんが怖かったけど、引いたのでラッキーと思った。道中も、その辺を考えられるようになった。余裕が出てきた」と会心の逃げ切りだった。九州ラインで上位独占の結果に笑顔を見せた。

直前は街道練習を多めに入れて、仕上がりにも自信はあった。「今回はレース後に、しっかり後ろ側にも(足に張りが)来ている。調子がいい時の感じですね。僕は準決が壁なので頑張ります」と、さらに同型が強力になる準決勝に視線を移していた。