前期は最終戦の勝負駆けが決まって代謝を逃れた佐藤拓哉(54=宮城)は、今期も予断を許さない状況が続く。

チャレンジ選抜3Rは、島田茂希の先行を利して2着に入った。容赦なく早めに踏めば結果は違ったかもしれないが、ギリギリまで島田を援護した。

「だって、あれだけ頑張ってくれたんだもん。前回が終わってからは、追加も断って1000キロ乗り込んできたんだよ。やっぱり足の貯金がないと何もできないからね」。

危機的状況でもラインを大事にするベテランは、競走得点を上げて今シリーズを終われそうだ。