今シリーズの梶原海斗(24=福岡)は、高いポテンシャルを存分に発揮している。準決6Rはスタートからゴールまで、誰も前に出すことなく逃げ切った。「ラインで決めるには、この方がいいと思って逃げています。初日よりもきれいに足を回せました」。マークして2着の興呂木雄治が息も絶え絶えだったのに対して、涼しい顔でレースを振り返った。

憧れの選手は同県のスターだ。「どちらかといえば、本当はまくりが得意。まくりは強烈だし、逃げても強い北津留翼さんみたいになりたいんです」。いつの日か地元のG1「競輪祭」で走る日を夢見て、今は逃げて逃げて下地を作る。