ベテラン富沢洋祐(48=静岡)が突然のピンチをしのいで、9場所ぶり(補充出走を除く)の準決進出を決めた。

同県夏目新吾の番手を回った予選5Rは、別線の先頭の牧田悠生が当日欠場となり、当初牧田マークだった金子周一郎が選手紹介から富沢に競る形になった。それでも最終ホームで競り勝ち、逃げ切った夏目に続いて2着でゴールした。

「(金子が道中の)飛び付きとかではなく、選手紹介から正々堂々と外から競りにきてくれたから良かった。何とか頑張れました」と、競り合った同世代の“競輪道”に感謝し、ホッとした表情を浮かべた。準決8Rも夏目の番手から、直線勝負に出る。