ガールズ予1・2Rは、最終ホームからスパートした青木美保(26=埼玉)が、石井貴子のまくりを完封。久々の逃げ切り勝ちとなった。比嘉真梨代の前受けを、打鐘後から中瀬由真が単騎で仕掛けて出たが、ホームで仕掛けた青木が主導権を握った。5番手の石井は、1角過ぎから踏み込んだが、青木追走の藤原春陽と並走のまま直線に。青木が押し切り1、2Rとも埼玉勢が勝利した。「1Rに刺激をもらったのは事実。しっかりと練習ができた結果です」。青木は笑顔でレースを振り返った。

「小倉は好きな場所。明日も1着を取れるように頑張りたい」。足取りも軽く引き揚げていった。