小田倉勇二(39=埼玉)が準決7R、まくる佐々木吉徳をかわして決勝切符をつかんだ。佐々木とは日ごろは別線も多い。「西に来るとこうやって連係することもある。(大谷靖茂の)番手まくりの上を(佐々木が)まくったので強かったですね。頼もしい」と佐々木を持ち上げた。

けがの影響でA級暮らしが続く。「S級(復帰)はまだあきらめてない。戻ったら、完全に追い込みとして戦います」。決勝もしっかり結果を残して来期につなげるつもりだ。