特選9Rを走る安藤直希(25=京都)は今期始めに優勝2度とS級点を簡単にクリアする競走得点を残してきたが、2場所前の大垣準決で失格し、S級初昇級の夢が散ってしまった。

「悔しいけど、S級はまだ自分には早いということなんでしょうね。来年も1年間、勉強し続けます」。

安藤がここまで成長したのには理由がある。「特に何かをしたわけじゃないんですが、毎年落車で調子を崩していたのが、今年は落車なしで来ているのが大きいと思う」。今期の残す開催は今回の岸和田と玉野だけ。確実に決勝に駒を進め、来期こそはS級点を獲得する覚悟だ。