準決7Rは寺沼将彦(31=東京)が、同期の今岡徹二に競り勝ち1着で決勝進出を決めた。打鐘2センターで今岡にすんなり競り勝つと、別線の中里福太郎の仕掛けも最終1角でけん制。縦横無尽の立ち回りだった。

「ここに来る前に岡本大嗣さんに『レースでリラックスしろ』って言われ、レース前には(坂本)英一さんにも同じことを言われた。関東には名マーカーの選手がいっぱいいる。アドバイスを聞いた方が成長につながる」と、経験を基にアドバイスをもらい、それをレースで実践できた。

決勝9Rは関東の3番手。最善の動きをして、ラインから優勝者を出す。