121期の長谷川飛向(27=東京)が、北井佑季との練習で刺激を受けた。

近況の戦歴は「波があって、安定していない」。思い切った仕掛けが裏目に出ることもあった。

「最近、北井(佑季)さんと練習して、刺激を受けました。1000日後に北井佑季になれるように」とジョークも交えながら明るく語った。

具体的な内容は明かさなかったが、刺激を受けたことは確か。安定感が増せば、ポテンシャルが開花する日は近い。まずは予選8Rで、後位の競りも追い風に勝利を決める。