チャレンジ予選1Rは新人の小笠原一真(23=青森)が、4番手から最終バックで豪快にまくって勝った。

磯村蓮太に前を奪われ、主導権は奪えなかったが、力強い巻き返しを見せた。

「打鐘で行こうとしたが、行けなかったので、引いて冷静にまくりました。踏んだ感じは悪くないです」

昨年9月に鎖骨を痛め、まだ鎖骨にはワイヤが入ったままだが、走りには問題ないと言う。その証拠に、最近2場所は連勝で決勝進出している。この調子で準決突破を決める。