チャレンジ予選2Rは123期の山田駿斗(20=千葉)が、布居翼とのダッシュ型対決を、最終ホームからの巻き返して制した。

「布居さんのペースが上がり切る前に、踏み出せて良かった。風はあったが、出切ってからは軽かった。スピードに乗ると軽い」と状態面も良さそうだ。

ホームの松戸バンクが改修工事で使えず、取手で練習しているが、強い選手との練習で刺激を受けている。

直近3場所は連勝で決勝に進み、1度優勝している。今開催は強い同期がそろっているが、刺激を受けた効果を出してみせる。