準決7Rの福田要(24=宮崎)は、中団からまくって2着に粘った。前回の玉野から3回連続で上吹越直樹に差された。「なかなか上吹越さんを振り切れないですね」と苦笑い。それでも、連日のレース内容には納得がいっている。

決勝9Rは、同期の中山拓人、塩崎隼秀との3分戦になった。仲良く写真に収まったが、内心ではライバル意識がメラメラと燃えている。「塩崎君は在所1位だし、中山君も適正組で強かった。でもタイプはみんな違いますね」。戦術の幅の広さでは負けていない。得意の混戦に持ち込み、同期対決に勝ちたい。