出走予定だった児玉碧衣が病気のため欠場して、太田美穂(27=三重)が追加参戦となった。小倉は昨年11月のG1競輪祭女子王座戦以来の登場だ。「(725で)何もできずに終わっちゃいましたね」。苦笑いで2度目のG1戦を振り返ったが、その悔しさを晴らすためか、今年は5場所走って2度優勝と好スタート切っている。

「前回佐世保の後はあっせんが空いていたので、追加が欲しいなあ…と思っていました。パールカップ出場にも(競走得点が)ギリギリなので、しっかり頑張りたい」。積極果敢な走りで、点数アップを目指す。