田中月菜(23=佐賀)が、自身も驚きの2着スタートだ。

ガールズ予1・2Rはバックから外に持ち出すと、高橋美沙紀のまくりに乗る形で直線で外を伸びた。「松阪は外が伸びると思って持ち出したし、最後も前を抜かないと、という気持ちだけだった。まさか2着なんてびっくり!」と目を丸くした。

「走る前に作戦を何も考えられなくて、無の境地だったのが良かったのかな」と分析する。予2・1Rも、無欲の走りが好結果を呼び込むかもしれない。