初日に久米詩を相手に見せ場十分の走りをみせた岡本二菜(26=東京)だったが、まさかの決勝進出を逃した。

予2・1Rは打鐘から逃がされる形となり、柳原真緒にまくられて7着。6着だと、7番手で決勝に滑り込めていただけに「(6着と)8分の1輪差でした。マジ、でかいな。悔しいっす…」と唇をかんだ。それでも「初日に2着に入っておけばよかったわけだし、また頑張ります」と最終日の一般1Rに向けて気持ちを入れ直していた。