ガールズ予2・1Rは、野口諭実可(31=大分)が鐘後から仕掛けてきた太田美穂の後位に飛び付き、直線一気に突き抜けた。2着は野口を追った鈴木奈央で、太田は3着だった。

「展開が向きましたね」。野口はあっさりと言い放ったが、前受けから太田追走の木下宙をさばいての圧勝劇だった。「調子的には前回の別府の方が…ですが、気持ちで頑張りました」とニンマリ。最後は「小倉は風もないし、大好きです。明日も頑張ります」と当地3度の優勝に気合を見せていた。