三谷政史(41=奈良)が、にこにこしながら競輪場に姿を見せた。

直前は奈良G3で4日間誘導を務めた。決勝では弟の竜生、将太でワンツー決着と、最高の形での締めくくりだった。「兄貴やけど、勝てへんと思っていた(笑い)。すごいまくりだったし、久々に興奮しましたね。やっぱり気合って大事やなって思いました」。

力をもらって臨む今シリーズは、自らに気合を注入して挑む。「弟たちが頑張った後やし、変な競走をしたら怒られる。今期でS級点を取らないと、(来年の)奈良記念に出られないからね」。特選9Rは北川大五郎の番手から、直線強襲を狙う。