今シリーズのチャレンジには123期の新人が2人参戦しているが、予選4Rでいきなり対戦した。

前を取った桜木雄太(23=福岡)が山元大夢にたたかれかけたが、残り2周で内から巻き返し、打鐘では1度は離れた九州マーク勢とドッキング。そのまま2周を押し切った。ただ、山元も内から盛り返して2着に入り、レース後の桜木に笑顔はなかった。

「ラインで決まられなかったのが悔しい。もともと突っ張る作戦で出すつもりはなかったのに…。足には余裕があったし、あと1周でも駆けられたと思うけど、内容は0点」。このうっぷんを準決4Rにぶつけるつもりだ。