峯口司(21=長崎)がホームまくりで準決4Rを勝った。

予選は本格デビューして初めての着外(4着)だった。「初日は悔いが残ったが、準決は出し切れたので良かった。周りはあまり気にせず、詰まったら行こうと思っていた。ちゃんと詰まったところで行けた」と小笠原一真、堀越翔己とそろった同期を破ったレースに胸を張った。

決勝8Rは堀越、石川航大と九州の同期3人で別線勝負。自慢のスピードで争いに決着をつける。