日当泰之(36=青森)が家族の期待に応えるために気合を入れた。

今年に入ってからは決勝進出がない。「自力に自信がなくなってきた」と、近況は位置取りなどを含めて戦法を模索中。

ただ、今回ばかりは悩んでいられない。「明日(5日)が子どもの高校受験なんです。嫁さんに“子どもが頑張ってるんだから”と言われちゃいました」と、奮起せざるを得ない状況だ。

初日は予選8Rで、遠藤勝行-植木和広を連れて、ラインの先頭として戦う。堂々と家族の元へ帰るためにも、結果を出したい。