初日ドリームレース(DR)の脇本雄太は強かった。どのラインも脇本を意識して、後方に置こうとする中での逃げ切り。昨年のGPチャンプであり、今年G1・2冠の古性優作から逃げ切ったことで、競輪界最強を印象づけた。

ヤマコウは初日DRで圧巻の走りを見せた脇本雄太の2走目に注目
ヤマコウは初日DRで圧巻の走りを見せた脇本雄太の2走目に注目

ドリームは、ファンの評価が数字に表れる。ファンの期待は、深谷知広が脇本と先行争いを演じて、松浦悠士がまくる。ファン投票1位の地元平原康多を連れて吉田拓矢がどう仕掛けるか…だった。

しかしフタを開けてみれば、深谷は位置取りを優先し、吉田も何もできなかった。深谷の出方が読めなかったとはいえ、物足りないレースだった。今の深谷がDRに選ばれたのは、ファンが先行見たさに1票を入れたのであって、DRで1着を取るために入れたのではない。DRはファンの期待に沿うレースをすることが大切だ。あとは、ファンは1着に来そうな選手を自由に買う。

その点、脇本は、ファンが望む最強最高のレースをして1着。1予2・10Rは先行が林大悟、中団に渡辺雄太でレースは進み、脇本は7番手からカマして力の違いを見せつけるだろう。(日刊スポーツ評論家)