まさに天国から地獄だった。浅香文武(44=三重)は4走してオール2連対をキープ。

予選ラストの3日目8Rは2着以内なら予選トップ通過、4着以内で優出が決まったが、1周1Mはまくり差しが入らず、無念の5着に終わった。

レース後は「痛恨です」とがっくり。しかし、レース足を中心に仕上がりの不安はない。「A級勝負がかかっているし、最後まで頑張ります」ときっぱり。勝率アップを目指し、最終日も貪欲に勝利を狙う。