金子大輔(39=浜松)は2日目後、大幅にセッティングを変えた。

準々決勝B7Rは3番手スタートから2着に食い込んだ。「伸びがないので立ち上がりが鈍いというか開けづらい。全体的な軽さと伸びが欲しい。このままでは厳しいのでセッティングを考える」。整備力を駆使して一戦ごとに着順を上げてきた。準決12Rはさらなる機力アップを図り、ファイナル進出を引き寄せる。