ガ予2・7Rで2着だった林真奈美(33=福岡)。前受けからそのまま先行態勢に入ると、バックまくりを決めた成田可菜絵にはかわされたが、石井貴子らを振り切って2着に粘り込んだ。

林は「自分のコンディションなのか少し重かったので、自分のためにも、と思って駆けました。駆けたくないな、という時に駆けて、今後のプラスになるように」と話した。今期は既に2度優勝。7月からここまで競走得点を2点ほど上げてきており、走法の幅が広がってきたのも、こうした意欲的な気持ちがあるようだ。今開催は初日はまくり、2日目は先行で勝ち上がっており、決勝11Rも「自力自在」に優勝を狙う。