菊地圭尚(39=北海道)が競走得点を101点まで下げてしまった。「自分では『行こう』としたところで、行く気持ちが切れていることがある。レースの中でタイミングが来ているのに、逃したりしている」と話す。前場所は決勝に駒を進め、稲毛健太を封じ込める先行で、地元伊藤大志の優勝に貢献。流れは変わっているかもしれない。

特選11Rは小野大介の前で自力戦。小野が「何度も連係しているし、しっかり付いていきます」と、自転車を組み立てる菊地の横に来てあいさつ。菊地は「タイミングを逃さずに仕掛けたい」と呼応した。実力的にも北日本コンビは侮れない存在となりそうだ。