永井大介(43=川口)は3日目後に大整備に着手してエンジンを組み直し、クランクとロッドなどを交換した。準決10Rは追い上げて3着に入り、繰り上がり(2着の加賀谷建明失権)で優出した。

「気掛かりだった滑る症状を解消できた」。パーツ交換が功を奏した。セッティングでさらなる上積みを図り、通算100V&G1全場制覇を懸けて序盤の展開づくりに集中する。