117期を早期卒業した菊池岳仁(19=長野)の“やる気スイッチ”が入った。

先月からルーキーシリーズが始まり、同期が次々とデビュー。果敢な走りで輪界に新風を吹き込んでいるのを目の当たりにしている。「みんなタテの足がすごいですね。僕も負けないように頑張らないと」と大きな刺激を受けた様子だ。

京王閣はデビュー2場所目に通算6連勝となる完全Vを達成し、A級2班特昇の足がかりをつかんだ験のいいバンク。初日の予選9Rを前に「開催中止があった分、練習ができた。もちろん自力で戦います」と別線圧倒の決意をのぞかせた。