地元の赤岩善生(44=愛知)が存在感の違いをアピールした。初日9Rは2コース差し、続くドリーム戦をインから逃げ切り、堂々の連勝発進を決めた。

「レースでは回転の上がりがもうひとつだった。直線は悪くないですよ」。近況はけがにも悩まされ苦しい戦いが続いていたが、蒲郡での強さはさすがの一言。ダービー出場をかけた勝率争いでもボーダーライン上にいるだけに、モチベーションも高い。2日目以降の走りが楽しみだ。