地元の小林瑞季(31=川口)が新走路のオープニングレースを制した。初日予選1Rは最後方から追い上げて、3周3角で抜け出して勝負を決めた。今節はドドド(不整振動)対策でフレーム一式を新品に交換した。

「ドドドはだいぶ軽減した。1走目にしては上出来です。少し手前が足りないので調整する」。足周りを改善した32期は、準々決勝戦A11Rで連勝を目指して鋭く追い込む。