G1競輪祭から中4日、失意のどん底にいた松井宏佑が、気丈に前検入りした。

「疲れは限界を超えていた。でも、今回は深谷(知広)さんや(渡辺)雄太が欠場になったので、その分も自分が南関を引っ張りたいと思って来ました」。

ゴール寸前でG1タイトルを取り逃がした悔しさは、必ず今後の糧にする。ここからリスタートだ。

【伊東競輪・出走メンバー表&担当記者予想】無料公開中!ここを押してチェック