予2・7Rは山原さくらがまくって後続をぶっちぎった。柳原真緒は仕掛け遅れて6車身差の2着に終わった。

本命人気に応えられなかった柳原は「自在にやるようになって視野は広がったけど、仕掛けが遅くなりましたね。本当は1角で行かないと駄目でしたね」と反省しきり。

決勝こそ、本来の力勝負を演じて優勝を狙う。