「前半4Rもスタート特訓も感触が良くなくて…。ペラ調整、ぶっつけでした」。準優12Rを逃げ切った渡辺和将(33=岡山)は、ちょっとほっとした表情を浮かべた。

予選は初日12R選抜戦の差し切り勝ちも含め7戦5勝。ここまで順調な過程を踏んできたが、ペラがゲージのない「試している形」でもあったため、ちょっとした調整のズレに、ヒヤッとさせられた。それも準優の逃げ切りで、「やって駄目な方向はわかった」ところまできた。

今年3回目、7月下旬の津以来の優勝へ、スタートを踏み込んで逃げ切る。