中四国勢はラインの結束力を強調する。

準決12Rは、佐々木豪(27=愛媛)のカマシを松浦悠士(33=広島)がゴール前で逆転してワンツー決着に成功した。

先に準決11Rで渡部哲男(44=愛媛)が勝ち上がっており動向が注目されたが、決勝は松浦を先頭に佐々木-渡部で結束する。松浦は「愛媛勢の間に入るというのはない。豪ちゃんが番手を回りたいみたいだし、連係するならこの形かな。自分としては違和感はない。グランプリに向けて…という意味はないですね」と経緯を説明した。

ここまで3走を消化して「感触がいいままで来れているので、ほっとしている」と仕上がりも完調。GPを目前に控えた最後の実戦を最高の形で締めくくりたい。