岡崎恭裕(37=福岡)が役者の違いを見せつけた。準優10Rは山室展弘の前付けで進入が深くなったが、インからコンマ03のトップスタートを踏み込み、鮮やかに逃げ切った。

「足はまずまずですよ。いつも蒲郡はスタートで誤差があるけど、今節はない。レースがしやすいですね」とにっこり。2枠で挑む優勝戦に向けて「差せない時は上を行くことも考える」とレース展開に思いを巡らせる。1月のびわこ以来、今年2度目の優勝を目指し、変幻自在の攻めを繰り出す。