準決12Rは今が旬の佐藤壮が見逃せない。

前回静岡G3は1予から準決まで全て3着と大奮闘。決勝では、深谷知広や郡司浩平らの後輪だけを見つめて「まるでスーパーカーに乗るみたいに視界が狭い」と、超一流のスピード域を体感した。

元選手の父や、かつて選手を志した弟の協力で練習内容を大幅に変えた効果が、予選6R(1着)で展開不問の伸びに表れた。ここも再び注目だ。