11Rで3艇が同時に不良航法となる珍しい事象が起きた。

まず、1周2Mでは6枠蒲原健太が、5枠中辻博訓に対しての追い抜き不良。そして、2周2Mは先頭争いをしていた4枠前田篤哉が1枠杉山正樹に対して急転舵(てんだ)。同じく2周2Mでは3番手航走中の3枠新田泰章がバランスを崩し、後続の2枠塩崎桐加が影響を受けたため内側艇保護違反となった。いずれも不良航法で10点の減点。