S級1班に初昇格した渡辺雅也が乗り乗りだ。

予選から逃げを連発し、自在型から徹底先行へマイナーチェンジしたかのよう。「連日、体が勝手に動いたが、父(晴智)とよくお話しされる神山(雄一郎)さんが3番手に。気合が入った」。

街道で強化した地足と、レジェンドに託された使命感で発奮した。

決勝は単騎戦で南関の牙城を守りたい。S級初Vへ突っ走る。